モーニング娘。'16コンサートの埼玉公演に行ってきた話

2016年4月23日(土)にさいたま市文化センター大ホールで行われたモーニング娘。'16コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~ の埼玉公演に行ってきました

 

私は好きなアイドルがいます。それはモーニング娘。'16の10期メンバー、工藤遥さんです。

4月23日に、その工藤遥さんの出身地、埼玉県で凱旋コンサートが行われました。

そこで私は2つのことに気づきました。

1つは工藤遥さんのことがアイドルとしてやっぱり好きなんだな。と改めて感じられたこと。

そしてもう1つは、私はモーニング娘。'16自体はそこまで好きではなくなってしまったかもしれないということです。

 

私がモーニング娘。にハマった当初は特に誰が好き、とか推しメン(私はあまり好きな言葉ではない)が、とかはなく、モーニング娘。というひとつの集団を見て好きでした。

新曲が出るたびにどんな曲なんだろう、どんなパフォーマンスをしてくれるのだろうとワクワクしていました。ですが最近は、新曲が出ると、(工藤遥さんのソロパートはここか)とか、(工藤遥さんの場位置はあまり真ん中に来ないな)とかそういうことばかり考えてしまっています。私は工藤遥さんじゃないのに。

コンサートを見ていても、なんだか以前ほど楽しくなく、それはただのモーニング娘。のコンサートの慣れや飽きかもしれませんが、そんな日が来るとは思いませんでした。でもそんな日が来ると思いながら好きなものを見る人なんかいないよね。

 

 ですが、コンサートの11曲目譜久村・工藤・小田の三人で歌う『声』という曲があるのですが


高橋 愛・新垣里沙 (モーニング娘。) 「声」

この曲を観てるとき、いつの間に工藤遥さんはこんなにいい歌を歌えるようになったのだろうと思いました。一緒に歌っている譜久村さん、小田さんはモーニング娘。のなかでも1,2番目に歌唱パートの多いメンバーでお歌がとてもうまいのですが、工藤遥さんはその中に混じっても遜色ない程だと思いました。ひいき目で見て。

いわゆる歌唱力というものでは譜久村さん、小田さんの方がうまいのでしょうけど、工藤さんはもともとハスキーボイスの持ち主で、こういう切ない系のメロディーにはとても声の質があっていると思いました。

でも本当のことを言うと、私は記憶力が悪いのでほとんど覚えてないです。衣装と顔がめちゃくちゃかわいいということは覚えてますけど…でもコンサートって意外とそういうもの。

 

凱旋コンサートでは、その地域出身メンバーのイメージカラーのサイリウム(ペンライト)をアンコールの時に振りながらメンバーの名前をオタクたちみんなでコールするという企画がよくありますが、4月23日に行われた埼玉公演でもそれがあり、工藤遥さんのイメージカラーであるオレンジ色のサイリウムを振りながらはるかコールをみんなでやりました。

会場が暗い中、一面のオレンジ色に会場が照らされているのはすごくきれいだった。オタクたちの好きだから応援するという純粋すぎる気持ちが良い方向に向かうと最高になるを肌で感じられる瞬間。ただ魔人ブウみたいに純粋すぎるがゆえに悪。みたいなやつもいます。

 

後でメンバーの野中が「会場全体がオレンジ色でストーブみたいだった」と言っていて(確かに)と思った。

 

凱旋コンサートの夜公演では、ダブルアンコールといってアンコール後の歌が終わって本編が完全に終了してからもう一度サイリウムを振ってお名前のコールをするとその地域出身のメンバーが一人で出てきてくれて私たちに数分間語りかけてくれる時間をもらえるという夢のようなお楽しみ時間を設けてくれます。それが当たり前に感じてはいけない……

埼玉公演でも例に漏れずダブルアンコールで工藤遥さんが出てきてくれました。そこで工藤さんは私たちに、「わたしは『はるか』コールをしてくれなんて頼んでないし、オレンジ色のサイリウムを振ってくださいなんて言ってないのにみなさん発信でやってくださって…」と言って、涙を流して喜んでくれました…今その時のことを思い出してかわいすぎて体が少し震えました

工藤さんはそこで「私がみなさんにできることはしょうもないことしかないけどみなさんはその倍以上で返してくれて…」と言っていましたが、この子は何を言っているのか、私は工藤遥さんにしょうもないものをもらった記憶は一つもないですし、最高の気持ちしかもらったことがない。何度その笑顔で救ってくれたか、何度つらいときの私を笑顔にしてくれたか…。しかも、私たちは工藤遥さんにオレンジ色のサイリウムを振って名前を呼ぶくらいしかできることがないのに「倍以上で返してくださって」なんて言われる筋合いはない。こんなことくらいしかできなくてごめんねの気持ちを持ってやったことでこんなに喜んでくれてそれがこっちも嬉しいという奇跡のサイクル永久機関

 

不可能だといわれていた永久機関が見つかるとは思わなかった…

終わります。

広告を非表示にする