泡沫サタデーナイト!の勢いは本物っぽい

トピック「泡沫サタデーナイト!」について

モーニング娘。'16の5月11日発売のトリプルA面シングルの表題曲、『泡沫サタデーナイト!』がネット上で話題になっている。

まずMVを見てもらいたい。


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

このMVを見てもらうとわかるように、明るいディスコ調のノリの音楽になっている。

モーニング娘。のメンバーは「この曲はファンク」だって何かの取材に対して言ってたからファンクなのかも。メンバーは絶対に正しいから。

最近のモーニング娘。の音楽はどこか湿っぽかったり、辛気臭い感じの音楽が多かったため、ファンの間では「明るさで突き抜けた騒げる曲が欲しい!」という声が多数あった。そんな中で出た新曲がこの『泡沫サタデーナイト!』でした。ヤッター!

 

”ファンの間では”とかちょっと俯瞰目線で見えてる感じを出しちゃったけど、私もそのファンの一人で、私も例にもれず明るく楽しいモーニング娘。が見たいとここ最近ずっと思っていました。そこでこの『泡沫サタデーナイト!』はとても嬉しかったです。最近のモーニング娘。の曲調は、というよりハロー!プロジェクトの路線はクールな感じを出そう出そうとしてアイドルなのに笑っちゃダメという謎の指令が出されていたので、アイドルの笑顔がとにかく大好きな私はつらかったです。「笑い」という最高の感情を殺さないでよ

 

その「笑い、笑顔」が溢れている『泡沫サタデーナイト!』の曲とMVは私はすごく好きなのですが、最近の『泡沫サタデーナイト!』のバズり具合(バズるって言葉苦手だ)を見ていると、ちょっと騒ぎすぎ、持ち上げすぎな印象を私は持ちました。いくら久々に明るい曲だからって、待ち望んでいた楽しい雰囲気の曲だからって手放しで持ち上げすぎではないか、と。ネットニュースにも『泡沫サタデーナイト!』、この曲はすごい!すごい!とか『LOVEマシーン』の再来!?みたいな扱いを受けていて、私は少し不安になりました。いくらなんでも『LOVEマシーン』の再来は言い過ぎ。

 

でも、発売日前日の今日にしてその勢いはいまだにとどまっていないところを見ると、私は、この勢いは本物なんじゃないかと思ってきました。もちろんCDが20万枚、30万枚売れる!というわけではないけど、販売枚数ではなく話題性としてはこんなにモーニング娘。の曲が「ネット上の」話題に上がることはなかったな~と思えてきました。今までが抑圧されてきたから、いきなりこんな扱いを受けても信じられるかって状況だったのかも。『LOVEマシーン』の再来は言い過ぎだと思ったけど。

 

そしてなぜかこの『泡沫サタデーナイト!』で一番盛り上がっているのがジャニーズオタク界隈っていうのが気になった。この曲の作詞作曲がSMAPの『Joy!!』を手掛けた津野米咲さんというのがジャニオタの触覚部分が感知してざわめきだしたのかな。

ジャニオタはネット上で祭りが起きているところに顔を出しては一緒に騒いで気がついたらジャニオタが神輿の上で指揮を執っていることがよくあるらしいし。今考えた嘘だけど。

 

とにかく今私は『泡沫サタデーナイト!』がこれだけネット上で話題に上がってくれてうれしいし、モーニング娘。に明るい楽しい曲がきてくれて本当にうれしいということをどこかに出したくてブログを書きました!嬉しいという感情からのブログ、いいな~。またモーニング娘。の新曲が出たときに嬉しいという感情だけで構成されたブログを書きたいね。

でも『LOVEマシーン』の再来は言い過ぎ。

広告を非表示にする